低予算で行うことが出来る家族葬について

お葬式、葬儀とは何か?

葬儀は故人の死を悼み、最後の別れを行う儀式です。
かつては大勢の参列者に対応するため、大掛かりに行うのが一般的でした。
しかし、葬儀にかかる費用は高額なため、遺族の生活を圧迫することもありました。
生命保険によっては葬儀の際の費用の一部を負担する商品もありますが、加入や支払い額に制限があるのが欠点です。

参列者が少なくなっている都会のお葬式事情

都心では現代人の生活スタイルの変化に伴い葬儀に参列する人数も減少しています。
そのため、従来の大掛かりな葬儀に代わる新しいスタイルの葬儀が求められていました。
そこで現れたのが家族葬儀(家族葬)と呼ばれる新しい葬儀スタイルです。

小規模な家族と親しい友人のみのお葬式

家族葬は故人の家族やごく親しい友人だけで行う小規模の葬儀です。
家族葬は規模が小さいため、費用を低く抑える事ができるのが最大の利点です。
また、自宅で行うこともできるため、葬儀場や寺院などの広い施設を借りる手間を省くこともできます。
規模は小さくても内容は通常の葬儀と変わらないため、近年になって多くの葬儀会社が取り扱っています。

弔問客が少ない分、後日の挨拶が大切になります

家族葬を行う際に最も重要なのは故人と関係を持っていた人への挨拶です。
規模が小さい葬儀であるため、故人の関係者の全てが参列することはできません。
そのため、予め葬儀の内容を説明して、参列を丁寧に断ることが大切です。

費用を抑えるためにも事前の情報収集はしっかりと

また、家族葬は費用を低く抑えるのが目的となることが多いので、その場合、過度な装飾は控えるように心がけます。
参列者に振る舞う食事や会葬品も費用を抑える工夫が求められます。
葬儀は頻繁に行うものではないため、費用が嵩むのを防ぐためには事前の情報収集が大切です。
複数の葬儀社を比較して、葬儀の内容と料金の釣り合いが取れている誠実な運営を行っている所に依頼をするのが家族葬を行う際の重要なポイントになります。
葬儀は故人との別れの場なので、悔いが残らないように準備を万全にして行うのが遺族の努めです。

Copyright© 2013 www.kaiganshokudou.com All Rights Reserved.