葬儀を行わなずに故人を見送る直葬との違い

最も簡素なお葬式が直葬での火葬式

通夜や告別式をせずに、火葬場で行う葬儀のことを直葬と言います。
荼毘葬とも言いますが、少し前の時代にはあまり見られませんでした。
近年では、火葬式の家族葬を選ぶことが増加傾向にあります。
理由としては、故人の望みや静かにゆっくり故人との最後のお別れをしたいというものがあります。

葬儀の形態の変化は人々の意識の変化

時代の流れとともに、葬儀に対する考えが変わってきたことが火葬式の増加ということに反映されています。
火葬式では祭壇は設置しませんし、基本的に近親者のみが立ち会います。
通夜ぶるまいや香典返しなどをする必要が無いので、遺族には経済的負担が少なくて済みます。
葬儀はしないと言っても、葬祭業者に手を借りるのが無難でしょう。
死亡届の提出や火葬許可証の交付、火葬場の予約と言った手続きが必要になってくるので、個人では全てを行うのは困難です。

葬儀場で家族葬を依頼するには

さらに、火葬場によっては業者や役所を通さないと受け付けてくれないところもあるからです。
※ここらへんはご近所の窓口(例:町屋斎場)を参考に、事前に接触を取っておくと良いでしょう。
必要な金額は、地域や業者によって違ってくるので一概には言えませんが、10万円台から30万円台位が一般的なので、普通に葬儀を行うよりも格段に安価でできます。
業者に依頼する際に、通夜や告別式は行わない旨をきちんと伝えることを忘れないようにしましょう。

納棺の儀式などは通常のお葬式と同じ

納棺するときに、花や故人の愛用品を入れることもできます。
死化粧をしてあげたり、故人のお気に入りの服に着替えさせてあげるのもいいでしょう。
火葬許可証に棺に入れてはいけないものが書かれているので、よく読んでから行うことが必要になってきます。
棺が炉の中に入れられたら休憩室で待機して、火葬が終わったら拾骨します。
仏式では2人1組で骨壷に収めます。
そして、最後に遺骨を受け取ったら帰宅します。

Copyright© 2013 www.kaiganshokudou.com All Rights Reserved.