葬儀は大事な人とのお別れの儀式

葬儀は故人の死の悲しみを受けとめるための儀式の場

葬儀は、人の死を弔うために行われる祭儀です。
死生観や宗教の違いで葬式の違いとなります。日本の95%以上が仏式を選択しています。
他に、真道、キリスト教などがあります。
葬儀は亡くなった本人を弔うためのものですが、周りの人が、大事な人の死を受け止め、受け入れるためにも行うものです。
死は突然やってくることもあれば、長い時の経過を経て迎えることもあります。
時間差はありますが、どちらもそれを受け止め、受け入れるのは大変なことです。
葬式というセレモニーを通して、心の整理をし、悲しみを乗り越えて行けるようにするのです。

お葬式の進め方

お通夜は遺体を見守る寝ずの番

亡くなって最初の儀式は、通夜です。
寺や葬儀場に祭壇を設け遺体を安置します。そして、僧侶に読経して貰い、参列者に焼香して貰います。
参列者が帰った後は、身内や極親しい人が遺体の傍で一夜を過ごします。
このような通夜を「半通夜」と言いますが近頃は増えています。
そこで、一晩中線香や蝋燭の火を絶やさないように寝ずの番をしますが、魔除けの意味があるのです。

告別式で故人と最期のお別れ

そして、夜が明け、本葬と言われる葬式を迎えるのです。
僧侶による読経と参列者による焼香を行います。
それが終わると火葬場に向かいます。
時間にもよりますが、火葬中待っている間、おにぎりなど軽い食事を出す地方もあります。
火葬が済むと骨を骨壺に入れ、戻ってきます。
火葬場に行った人たちで供養のための飲食をし、この日を終えます。

地方によって違うお葬式の常識とルール

葬儀に関しては、地方によってしきたりや慣習に違いが見られます。
例えば、東日本では、通夜の折焼香が終わった人に「通夜ぶるまい」と言われる飲食を用意します。
これは故人を偲んで貰うためのものですが、西日本ではこのしきたりはありません。
そのためか、香典の額も東日本の方が高めのようで、そうしたことも違ってくるようです。
葬儀は近親者が執り行うのが基本ですが、短い期間の中で行うために、サポートしてくれる業者に依頼して行われることが多いです。

Copyright© 2013 www.kaiganshokudou.com All Rights Reserved.